生態系への配慮から外へ逃がさないことが重要で、逃亡防止施設のない場所での利用はできません。

ご注文の際には必ず使用作物と使用施設の構造を備考欄に記載してください。
備考欄に記載の無い場合は、メーカーが出荷しませんので必ず記入をお願いいたします。


クロマルハナバチによる交配

【特徴】
1.クロマルハナバチは山岳地帯に生息するハナバチで、ミツバチよりも低温で活動する能力がありますので、寒い季節に交配の必要な作物への利用が可能です。
2.蜜がほとんど出ない(ミツバチの訪花しない)ナス科植物でも利用できます。
3.トマトについては人手によるホルモン処理よりも省力化が可能です。受粉をすることによって実の空洞化が出にくくなり、果肉は甘く、ゼリー部はすっぱくなります。



【対象作物】
 イチゴ、きゅうり、ナス、トマト、スイカ、ピーマン、メロン等の施設栽培野菜
サクランボ、モモ、ナシなどの施設栽培果樹。


出荷時の商品内容
創設女王蜂 1頭
働き蜂 50頭以上
雄蜂  10頭以下
卵、幼虫、蛹生存
装着蜜  約2.5kg

訪花活動は休み休み行います。
受粉活動は確実に行い、バイトマーク(訪花によって花に出来る傷)もはっきり出ます。
イチゴにも問題なく、訪花、受粉活動をします。
雄蜂(全体が黄色で胸部と腹部に黒いバンドがあり腹部の先端はオレンジ色)が不定期に出巣しますが、問題はありません。

1群で400~500坪の面積をカバーします。ミツバチとの併用も可能です。

導入前の準備
○1・必ず施設内で使用すること。屋外への逃亡を防ぐ防虫ネットを必ず使用してください。


○2・マルハナバチの導入前に栽培作物から花粉が出ているか確かめてください。(花粉が出ていなければ訪花活動は行いません。)
花粉の放出確認は「トマト受粉振動器」を用いたり、黒色紙を用いて行います。

○3・紫外線を弱めるUVカットフィルムの使用は蜂の方向感覚を錯乱させ、活動を妨げますので、絶対に使用しないようにしてください。

○4・今まで使用した農薬のマルハナバチへの影響残日数を調をご確認ください。

さらに詳しくお知りになりたい場合は、「農薬の残饗表」がありますのでお問い合わせください。

○5・日よけを施した設置場所を作り、巣箱側面の説明文を参考にあり除けを施します。)


○6・クロマルハナバチが活発に活動することで効果を発揮します。
クロマルハナバチの活動最適温度は15~28℃です。


導入生物が届いたら

○1・輸送箱から取り出し、死滅などの有無をご確認ください。
万が一不都合状態でどいた場合は至急当店まで連絡をお願いいたします。

○2・これまで使用した農薬が天敵生物に影響しないか、「天敵生物に対する農薬の影響表」で再度確認しましょう。

○3・到着後は設置台に乗せて夜になるのを待ってから、下の写真の様に、出入り口を開けてください。

二つの穴のうち、左側が出入り口、右側は回収口になっています。


○4・輸送箱の中に飼育できる段ボール箱似いれてお送りいたします。段ボール箱の中には内箱があり、下に蜜を入れる容器が一体になっています。
お届けするときは蜜をたっぷり入れてあります。また、花粉も1袋付けてありますので、不足すると思われるときには上部のふたを開けて巣の上から1日にスプーン1杯を与えてください。


クロマルは日本原産種のクロマルハナバチを人工的に増殖した物ですが、生態系への配慮から外へ逃がさないことが重要です。
ご使用の際にはマルハナバチ逃亡防止のため、4mm目以下のネットをお貼りください。
また、ご使用後の巣箱処分に付いては蜂を死滅させた後、自冶体の定める処分方法に従って破棄してください。

贈り物 【代引き不可】受粉用クロマルハナバチ DX(デラックス)」(直送) 「アグリ・トップクロマル-その他